シルバー925とは

スポンサーリンク

シルバーアクセサリーに使うシルバー925とは

シルバー925とは、シルバーの種類の1つです。
この925という数字の意味は、銀の含有率(純度)になり、
92.5%のシルバーが含まれている、合金であることを表しております。
残りの7.5%は何?というと、主に銅などの金属を混ぜているケースが多いです。
その為、殆どわかりませんが、純銀と比べると、
925の方が、銅が含まれる分、黒みがあります。

なぜ、アクセサリーに100%の純銀を使用しないかというと、
純銀のままだと柔らかすぎて、変形しやくすく、傷もつきやすく、
アクセサリーの素材としてに使うにはデリケート過ぎて不向きです。

金属は合金になる事で、それぞれの金属の特徴を生かす相乗効果で、
強度を高めたり、色合いを変えたり、
用途に合わせ使用します。
純銀が925になったからといっても、その美しさは損なわれません。
シルバー925は美しい金属です。

銀の合金には925の他950等、
用途に合わせて、様々な種類が使用されていますが、
シルバーアクセサリーには適度な硬さと加工のしやすさから
925が広く使われています。

シルバー925とは

シルバーの見分け方

市販されているアクセサリーの裏側を見ると刻印があります。
「925」や「STERLING」(スターリング)と刻印されている場合、
そのシルバーアクセサリーは純度92.5%の、
シルバー合金が使用され作られていることを表しています。
ハンドメイドオーダーの製品や彫刻を施す様な製品には、
シルバー950(純度95%)が使われることもあります。
シルバー925より950の方が銀含有率が高く柔らかいので
曲げたりする加工がしやすくなる為です。
925の他にも、単に「SV」や「SILVER」と刻印されている場合もあり、
多くは925製である事が多いですが、製作者によって表し方は様々です。

銀は黒く変色しやすくお手入れが必要な金属
銀はそもそも黒く変色しやすい金属です。
硫黄分と反応し、直ぐに黒くなってしまいます。
使用せずにそのまま放置しておけば、
半年もすれば黒く変色します。

知らない人が久しぶりに見たら、真っ黒になっていて、
何かして錆びてしまったんじゃないかと驚くかもしれません。

黒くなるのは硫化という、銀と硫黄の化学反応の為です。
錆ではありません。(錆は酸素と反応する化学反応の事です)
夏場などは朝身につけて、汗をかいたりすると、
夕方にはもうシルバーアクセサリーの縁が黒くなっている事さえあります。

嘘か本当か分かりませんが、銀の反応のしやすさから
昔の王様は食事に毒が盛られたら、直ぐに分かるように、
変色しやすい銀の食器を使ったなんて話もあるくらいです。
そのくらいシルバーは変色しやすい金属です。

外国映画や高級ホテルの裏側のようなテレビ番組などでは、
銀製の食器を拭いているシーンがありますが、
変色した銀食器を磨いるシーンです。
お金持ちで、銀のお手入れができる人を雇える人じゃと使えない食器、
それが銀食器でもあります。

シルバーのコーティング

変色しやすいシルバーアクセサリーですが、
最近では変色を防ぐ為、メッキによるコーティングをした
シルバーアクセサリーもあります。
メッキと言うと安いイメージがありますが、
メッキにはロジウムなどが使われます。
ロジウムは銀と比較して遥かに貴重で高価な金属です。
変色は殆どありません。
しかし、皮膜が薄い為、
ぶつけたりすると、下の銀が露出しますので注意が必要です。
また銀磨きクロスなどで磨きすぎても下地の銀が露出します。
露出すると、よく見ると色味が違うのでわかります。
皮膜が薄いので、サイズ直しをする際、
バーナーを使うとメッキが燃えて焼失してしまうので、
サイズ直しをすると色味が変わります。
ところどころ剥がれるとまだらになるので、
全てハゲた方が、綺麗に仕上がります。


スポンサーリンク

コメント

  1. 坂本雄介 より:

    シルバーメッキの剥ぎ方は?

    • シルバースミス より:

      ご質問ありがとうございます。
      紙やすり、スポンジヤスリなどで、削って落とすのが無難です。
      ですから細かい部分は難しいと思います。

      高価な物や大切な物でしたら、プロに頼むのがオススメです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください