シルバーアクセサリーのサイズの直し方

スポンサーリンク
シルバーアクセサリーサイズの直し方16 製作方法

シルバーアクセサリーのサイズの直し方

サイズを小さくする方法(サイズダウン)

シルバーアクセサリーサイズの直し方1

本来、鋳造前にリングのサイズが分かっている場合、
指定のサイズで鋳造します。
なので、鋳造上がりのリングをサイズ直しする事はありませんが、
鋳造後にサイズ変更のご依頼があったので、
鋳造後のリングのサイズ変更(サイズダウン)をします。

まず湯口(鋳造の際に、銀を流し込む経路)、を削り落とします。

シルバーアクセサリーサイズの直し方3

湯口を削り落としました。

シルバーアクセサリーサイズの直し方4

荒いヤスリで削り落としたので、削り落とした面を綺麗にするために、
ペーパーヤスリで綺麗にします。(400番〜800番あたりを使います)

シルバーアクセサリーサイズの直し方5

湯口が綺麗になったら、リングの真円を出すために、
(正確な円)芯金棒(ゲージ棒)に通し、
木槌で叩いて正確な円にします。

シルバーアクセサリーサイズの直し方6
次にノギスを用意します。

シルバーアクセサリーサイズの直し方7

1号サイズダウンしたい場合は、
リングの円周を1mm減らすと
1号サイズダウンになります。

シルバーアクセサリーサイズの直し方8

カニコンパスで落としたいサイズを図ります。

シルバーアクセサリーサイズの直し方9

これが通称カニコンパス、で測ります。
尖った部分で、ワックスも削るのにも使える
彫金職人の必修アイテム

シルバーアクセサリーサイズの直し方10

リングに切り取る部分をケガキ線を入れます。

シルバーアクセサリーサイズの直し方11

ケガキ線を入れた状態です。

シルバーアクセサリーサイズの直し方12

糸鋸で切断しますが、糸鋸が滑りやすくする為に、
バーライフを付けます。
糸鋸が滑らかに引け、糸鋸の折れ防止になります。

シルバーアクセサリーサイズの直し方13

糸鋸でシルバーリングを切断します。

シルバーアクセサリーサイズの直し方14

シルバーリングをサイズダウンする分、
切り落とした所です。

シルバーアクセサリーサイズの直し方16

ヤットコで曲げて、切断面を繋げます。

シルバーアクセサリーサイズの直し方17

リングに傷がつかないように、革を巻いてあります。

シルバーアクセサリーサイズの直し方18

切断面を繋げます。

 

シルバーアクセサリーサイズの直し方20

綺麗に繋がりました。

シルバーアクセサリーサイズの直し方22

切断面に隙間が有るようなら、
繋げた位置に糸鋸を入れます。
今回は綺麗に出来たので入れませんでしたが、
参考までに写真です。

シルバーアクセサリーサイズの直し方23

繋げたい位置にフラックスを塗ります。
フラックスは酸化防止剤で、
銀ロウを流したい位置に塗ります。

シルバーアクセサリーサイズの直し方24

使い込んでいいるので、
瓶が汚いけどフラックスの瓶です。

シルバーアクセサリーサイズの直し方25

こんな感じにしっかり塗ります。

シルバーアクセサリーサイズの直し方26

銀ロウを小さく切ります。

シルバーアクセサリーサイズの直し方27
銀ロウは

種類 作業温度 銀含有量
早ろう 620℃ 50%
2分ロウ 620℃ 80%
3分ロウ 820℃ 77%
5分ロウ 750℃ 70%
7分ロウ 720℃ 60%
9分ロウ 730℃ 50%

シルバーアクセサリーサイズの直し方29

銀ロウを小さく切り出します。

シルバーアクセサリーサイズの直し方30

銀ロウをつなぎ目に置きます。

シルバーアクセサリーサイズの直し方33

バーナーでリングを炙ります。
大きな炎を使い、リング全体を温めます。

シルバーアクセサリーサイズの直し方32

さらにリングの温度を上げます。

シルバーアクセサリーサイズの直し方31

つなぎ目が赤く光った感じになれば、
銀ロウが流れた証拠です。

シルバーアクセサリーサイズの直し方34

冷まします。

シルバーアクセサリーサイズの直し方35

酸洗いをして、余分なフラックスやカスを除去します。
(酸洗いに使うのは、水で薄めた硫酸)

シルバーアクセサリーサイズの直し方36

芯金棒にリングを通し、
木槌(プラスチックハンマー)で叩き、
心円に近づけます。

シルバーアクセサリーサイズの直し方37

シルバーリングのサイズを確認します。

シルバーアクセサリーサイズの直し方38

つなぎ目をヤスリで綺麗にします。

シルバーアクセサリーサイズの直し方39

シルバーリングの外側も金ヤスリで綺麗にします。

シルバーアクセサリーサイズの直し方40

リングのデザインの細いラインにも、
銀ロウが流れたので、
糸鋸でラインを作り直します。

シルバーアクセサリーサイズの直し方41

シルバーリングの内側を磨きます。

シルバーアクセサリーサイズの直し方43

ヤスリをロッドに巻きつけます。

シルバーアクセサリーサイズの直し方42

巻きつけます。

シルバーアクセサリーサイズの直し方45

モーターツールに取り付け、リングの内側を綺麗にします。

シルバーアクセサリーサイズの直し方46

シルバーリングにいぶし加工をするために、
燻液に浸漬します。

シルバーアクセサリーサイズの直し方47

熱湯を使うと、手早く燻す為に、熱湯を使います。

シルバーアクセサリーサイズの直し方48

燻したリングを真鍮ブラシで磨きます。

シルバーアクセサリーサイズの直し方51

その後、サンドペーパーで磨きます。

シルバーアクセサリーサイズの直し方52

内側を鏡面に仕上げますが、
バフ掛けすると、摩擦熱で熱くなる為、
素手の代わりに、リングを抑える治具で保持します。

シルバーアクセサリーサイズの直し方53

バフに微粒子研磨剤を付けます。

シルバーアクセサリーサイズの直し方56

BISO社の研磨剤を付けます。

シルバーアクセサリーサイズの直し方58

シルバーアクセサリーサイズの直し方57

バフにも付けます。

シルバーアクセサリーサイズの直し方59

磨きます。
画像はちょっとした、磨く工夫です。
軍手で持つと、リングに跡がつき、
なかなか触れた跡が取れないので
軍手に通し、外側に触れないように、
シルバーリングの周囲を磨きます。

シルバーアクセサリーサイズの直し方61

シルバーリングを超音波洗浄機で洗います。

シルバーアクセサリーサイズの直し方60

使うのは、「強力バフ・カストール液」です。

シルバーアクセサリーサイズの直し方62

綺麗になったら、終わりです。

  

コメント