黒くなったシルバーを綺麗にする方法

スポンサーリンク
お手入れ方法

黒くなったシルバーを綺麗にする方法

シルバーアクセサリーやシルバー製のジュエリーを使わずにいたら
シルバーアクセサリーが黒くなってしまって驚いたり、
使えなくなってしまった様な事はありませんか?

黒くなってしまったシルバーを綺麗にする方法

驚く事はありません。
実はシルバーは、黒く変色しやすい金属だからです。
この黒くなるのは硫化という化学反応になります。
黒くなるのは、硫黄成分と化学反応して黒くなります。

シルバーアクセサリーに使われる銀は、
シルバー925か、シルバー950がよく使用されます。
リングやペンダントの裏側をみると刻印がありますが、
そのアクセサリーの素材が何かを刻印してあります。
SV925″、”925″、”STERLING”、”SILVER925″はシルバー925の意味です。
92.5%のシルバーと言う意味です。
純度100%の銀だと柔らかすぎるので、
アクセサリーとして使いやすいように、銅などの金属を混ぜてつくります。

シルバーアクセサリー、シルバージュエリーは変色する

シルバー製のアクセサリーであれば変色します。
クロムハーツも、ティファニーも、4℃もカルティエもシルバー製なら変色します。
排気ガスにも汗にも僅かに硫黄成分が入っているからです。

シルバーアクセサリーの黒くなる性質を活かす

黒くなるからシルバーアクセサリーは不便だと感じるかもしれませんが、
実はメリットでもあります。
というのも、この黒くなる銀の特性を活かして、
陰影をつけた味わいのあるシルバーアクセサリーを作る事ができます。
この黒くする加工を「燻し加工」と呼びます。
燻すと立体感を強調させる事ができます。
下の画像は、燻し加工をした物としていないものです。
アクセサリーのデザインによって、燻し加工の有り無しがあります。
シルバーアクセサリーが黒くなってしまった2 シルバーアクセサリーが黒くなってしまった

黒くなってしまったシルバーアクセサリーを綺麗にするには

黒くなってしまったシルバーアクセサリーを綺麗にするには、
専用のお手入れ用品が販売されています。
「銀磨きクロス」とか「シルバー磨きクロス」と呼ばれています。
柔らかいフエルト生地に微粒子研磨剤が含まれています。
この布で磨くだけで購入時の様なピカピカに戻す事ができます。

KOYO ポリマール 銀磨きクロス 195mm×125mm 2枚入
[ハガティー] Hagerty シルバー&ジュエル クロス 30X24cm

  

売っているシルバーアクセサリーが黒くならない理由

なぜ売っているシルバーアクセサリーは黒くならないのでしょうか?
黒くならないのではなく、このシルバー磨きクロスで磨いているからです。
黒くならとも、曇っていれば売れなくなってしまうので、
お客さんのいない時間にこまめに磨いています。

黒ずみが浅い場合は、このシルバー磨きクロスで綺麗になりますが
何年も放置すると黒ずみが濃くなり、
銀磨きクロスで磨いただけでは落とせなくなります。
その場合はもっと強い方法で綺麗にします。
もともと燻し加工のあるアクセサリーとないアクセサリーでは
綺麗する方法が違います。

燻しのあるシルバーと無いシルバーのお手入れ方法の違い

燻しのあるシルバーアクセサリーは燻しを残しつつ
綺麗にしなければいけませんし、
燻しの無いアクセサリーは、
黒いのを残さずに完全にピカピカにしなければいけないからです。

燻し加工のあるシルバーアクセサリーの場合

シルバー磨クロスより、もう少し研磨力のある微粒子研磨剤を使います。
削れすぎて減ってしまうほど強い研磨剤ではないので大丈夫です。
シルバー磨きクロスより研磨力がある為、微細な傷も落とせるので、
黒ずみを取るだけでなく、表面が綺麗になります。

オススメは以下の2つで、アクセサリーお手入用品では有名です。

・ハガティー Hagerty シルバーポリッシュ 銀磨き100ml

   

この研磨剤で磨いた後に仕上げで「シルバー磨きクロス」で仕上げ磨きします。
その後石鹸を付けて洗い、水を拭き取れば、元のピカピカです。

燻し加工の無いシルバーアクセサリーの場合

隙間や手の届きにくい部分も綺麗にしないといけないので、
シルバー磨きクロスや、微粒子研磨剤だと、
磨きにくい部分もあるので
漬けるだけで綺麗になる、シルバークリーニング液を使います。

e-z-est シルバークリーナー スピーディップ
シルバー製品専用クリーナー (シルバースパークル)50ml
ハガティー Hagerty シルバークリーン ミニキット 50ml

数秒から数十秒浸すだけで綺麗になります。
綺麗になったら、流水で濯ぎ、仕上げで「シルバー磨きクロス」で磨きます。
購入時のようにピカピカです。

あると便利なお手入れセット

シルバーアクセサリーのお手入れ用途により多くの種類がありますが、
“シルバー磨きクロス”や”研磨剤”、”クリーナー”、”変色防止保管袋”等が、
1つにまとまった便利な”お手入れセット”もあります。

e-z-est スピーディッププラスお手入れセット(スピーディップ80g+シルバーポリッシュ5g+クリーニングクロス1枚+シルセーブ小1枚)


ハガティジャパン(HAGERTY JAPAN) シルバー・クリーン ミニキット 6点セット

シルバーアクセサリー黒くしたい場合

燻し無しのシルバーアクセサリーを黒く燻してイメチェンしたり、
磨き過ぎて白くなり過ぎ、もう一度黒く燻したい場合は、
”シルバーアクセサリーを黒くする(燻す)方法”

 

シルバーを変色を抑える専用保管袋

銀の変色を防ぐ!シルセーブ 
  

変色防止剤

  

コメント