シルバーアクセサリーを黒くする(燻す)方法

スポンサーリンク
銀黒シルバーアクセサリーを黒くする方法 お手入れ方法

シルバーアクセサリーを黒くする(燻す)方法

銀の金属としての特性は、硫黄と反応し、黒くなる事です。
黒くなる原因は硫化反応という化学反応です。

使用せずに放っておいても、
硫黄分を含む温泉にはいると黒くなるのは、
銀の硫化反応が原因です。

その黒くなる特性を活かして、
シルバーアクセサリー凹凸を引き立たせるため、
黒く燻して陰影を強調させる加工をしたデザインのものがあります。
シルバーアクセサリーを黒くする為には、
シルバーアクセサリー用の燻液を使用します。
銀黒シルバーアクセサリーを黒くする方法

  • 銀黒 (ぎんくろ )
  • 黒化液 (シーフォース )

  

シルバーアクセサリーは放って追いても、黒くなりますが、
専用液で燻すほど黒くなりません。
綺麗にむらなく燻すには専用の物を使用するのをお勧めします。

シルバーアクセサリーいぶし液の使用方法

使用方法は、
水の中に数滴混ぜます。
数十秒浸します
黒くなりお好みの色になったら引き上げます。
それ以上黒くなるのを止める為、流水で濯ぎます。
乾かします。
光らせたい部分を、シルバー磨きクロスで磨きます。

硫化反応は化学反応なので、温度が高いと反応速度があがります。
水を使うと反応が遅いので、手っ取り早く行う為には
熱湯を使うと一瞬で黒くなり、黒色も濃くなります。

溝に空気が残るとその部分は燻されないので、
先にシルバーアクセサリーを水ですすいで、
溝の中も濡らしておくと失敗しません。

シルバーアクセサリーを部分的に黒くする方法

部分的に黒くしたい場合は、綿棒に燻液を付けて使います。
反応を早くするために、シルバーアクセサリーを熱湯に漬け、
熱くした後に、塗ると反応が早く便利です。

シルバーアクセサリーを黒く燻しすぎた場合

シルバーアクセサリーを長く燻液に漬けすぎると
思ったより、黒くなりすぎてしまった場合の対処方法は、
シルバークリーナーを使って黒ずみを取ります。
その後もう一度燻液で好みの黒さに調節します。
シルバークリーナー各種

  • スピーディップ(e-z-est)
  • シルバースパークル(タウントーク)
  • SILVER CLEAN(ハガティ)
  • ハガティ シルバークリーン

シルバーを黒くするのに塩素(漂白剤)は使わない

塩素系の漂白剤でも塩化反応で黒くなりますが、プロは使いません。
形成される皮膜が強く、その後の硫化反応が使えなくなるので控えましょう。

コメント